急いでいても気をつけて!〜優良消費者金融と悪徳業者の違い@〜

急いでいても気をつけて!〜優良消費者金融と悪徳業者の違い@〜

すぐにでもお金が必要で焦っている時。平常心を失ってしまい、いつもなら絶対にやらないことをやってしまうこともあります。
その一つが「悪徳業者に手を出してしまう」ということです。

 

悪徳業者は確かにすぐにお金を貸してくれることでしょう。しかしそれは甘い罠。
その後は通常では考えられないような、高い利子をつけてお金を返させようとします。
どんなに急いでいても悪徳業者だけには手を出さないようにして下さい。

 

しかし、世の中には悪徳なのか、それとも優良な金融業者なのがどうか見分けがつかないものもあります。
利用しても大丈夫な消費者金融なのか、それとも悪徳業者なのかを見分ける方法が紹介していきます。

 

【登録番号の確認】
金融業者がお金を貸すという業務を行う場合、国に貸業者番号を登録しなければなりません。
消費者金融の広告やHPには必ずその登録番号が載っています。悪徳業者の場合、登録番号は持っていません。
広告に登録番号が載っていない業者はまず怪しいと思ってください。

 

登録番号が載っている場合であっても、その番号を財務省のHPにある「登録貸金業者情報検索サービス」で検索してみましょう。
ここに番号が載っていなければ悪徳業者です。
登録番号を確認して、少しでも怪しいなと思ったらその業者は利用してはいけません。